メニュー

出張相談・お見積り・見学ご希望の方は
最寄り駅・バス停等まで
無料送迎いたします。

ブログ

Halloween

今日で10月も最後ですね。2020年もあと2か月しかないんですね。

今日10月31日は「Halloween」の日。

 

子供から大人まで仮装する人たちが多いですよね!そもそもHalloweenの本当の意味をご存知でしょうか。

ハロウィンはアメリカ発祥だと思っている方が多いのではないでしょうか。本来はヨーロッパ発祥なんです。

キリスト教の諸聖人に祈りを捧げる祝日「万聖節」の前夜祭として行われるお祭りで、秋の収穫をお祝いし、先祖の霊をお迎えするとともに悪霊を追い払うお祭り。日本で言う「お盆」にあたる行事です。

10月31日がハロウィンと定着していますが、正確な期間は10月31日~11月2日にキリスト教ではこの世に戻ってくる死者の魂を慰める行事を行っています。

ハロウィンといえば、かぼちゃを目と口をくりぬいて中にキャンドルを入れたランンタンをよく見かけると思います。

 

 

 

 

「ジャック・オー・ランタン」という名前があるのですが、この「ジャック」とは、アイルランドの物語に登場する男の名前です。

生前、悪いことばかりしていたジャックは魂を取ろうとやってきた悪霊を騙したため、地獄に落ちることもできずに死んだ後もランタンに火を灯して闇夜を歩き続けたというお話。

ちなみに最初は「かぼちゃ」ではなく、「かぶ」だったんですが、アメリカにハロウィンが伝わってからかぼちゃになったそうですよ。

 

ハロウィンに仮装するのはなぜなのか、ハロウィンになると先祖の霊と一緒に悪霊もやってきて、人間達に悪運をもたらしたり、いたずらをするため、魔女・ゴースト・ゾンビ・ドラキュラ・ガイコツ・黒猫・狼男・フランケンシュタインといった怖いものに仮装して悪霊を怖がらせて追い払うのが習わしになっています。

また、悪霊と同化することで悪霊がもたらす災いを遠ざけるという意味もあります。

 

子供にとっては、好きな仮装を楽しみ、お菓子がもらえる楽しい日ですね。

「トリック・オア・トリート!」

お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!

このお菓子は悪霊を追い払うなどの意味があるそうです。

ハロウィンの意味を知って、海外の行事のハロウィンを楽しむのもいいですね。

 

 

お別れルーム旅立ちでは、ご葬儀の事前相談やルーム見学などいつでも承っています。

お気軽にご相談ください。

 

お別れルーム旅立ち 中村