メニュー

出張相談・お見積り・見学ご希望の方は
最寄り駅・バス停等まで
無料送迎いたします。

ブログ

鬼灯のお話。

先日はお盆にご先祖様をお迎えに上がるための

お供えとしての「精霊馬・精霊牛」のことを少しお話いたしました。

お迎えに準備するものはこの他にも

お供えであったりお花であったりと様々ですが

その一つに「鬼灯(ほおずき)」があります。

 

そろそろスーパーの生花売り場などに切り花や鉢で

売られている頃だと思います。

膨らんだ赤い風船のような姿はとても可愛らしいです。

なぜ「鬼灯」をお盆に用意するのかといいますと

「鬼灯」の赤い実を「提灯の光」に見立てて

ご先祖様が帰路に迷わぬよう照らしてくれるように、という意味合いがあるそうです。

あとは食糧難のときお供えが少なくても

赤い実をつける「鬼灯」に華やかさを求めたとのこと。

実際「鬼灯」はナスの仲間なので、食用もあるそうです。

(余談ですが、妊婦さんは食べてはいけないそうです、、、)

実際は赤い風船の中が本当の実なのですが

表面を剥いてしまうと、いったいなんの実なのか分からなくなります、、、

 

小さな「鬼灯」ですが、きっとご先祖様には

懐かしく温かいご家族のひかりに見えるのでしょうね。

 

 

折り紙で作りました。

「鬼灯」に見えるでしょうか?

 

お別れルーム旅立ちでは、いつでもご葬儀、ご供養の

ご相談を承っております。

お気軽にお立ち寄りください。

 

まだまだ暑い日が続きますので

お体には十分にお気を付けください。

 

旅立ちスタッフ 山岸