メニュー

出張相談・お見積り・見学ご希望の方は
最寄り駅・バス停等まで
無料送迎いたします。

ブログ

鬼子母神

鬼子母神の名前は、古代インドの言葉でハーリティといいます。

その発音から「訶梨帝母」ともよばれます。

元は恐ろしい鬼女でした。

500人(1000人とも1万人ともいわれる)の子どもがいましたが、他人の子どもをとって食っていたのです。

そこでお釈迦さまは鬼女の末っ子を隠し「お前にはたくさんの子どもがいるのに1人がいなくなっただけでそんなに悲しんでいる。子どもをとって食われた親の気持ちが分かっただろう」と言って、末っ子を返してやりました。

鬼女はそれから心をすっかり入れ替えて、安産・子育ての守護神となりました。

鬼子母神の像は2種類あります。

1つは安産・子育ての守護神として、優しい顔で赤ちゃんを抱き、ザクロの実に似た吉祥果を持っている像です。

もう1つは「法華経」を唱える修行者の守護神として、恐ろしい顔で合唱する鬼女の像があります。

 

 

 

お別れルーム旅立ちでは、ご葬儀の事前相談、お見積り、ご依頼をいつでも承っております。

お気軽にお問い合わせください。

旅立ちスタッフ 島袋