メニュー

出張相談・お見積り・見学ご希望の方は
最寄り駅・バス停等まで
無料送迎いたします。

ブログ

縁を切る

結婚すると、配偶者の両親やきょうだいなどと姻族関係が結ばれます。

血の繋がりはないけど、結婚によって親戚関係になるということです。

夫や妻が亡くなった場合でも、この姻族関係は続いていきます。

姻族関係があると、場合によっては扶養義務を負う可能性があります。

「義理とはいえ、家族が困ったときは助け合いましょう」というわけです。

「嫁姑問題でさんざん嫌な思いをした」

「夫(妻)の親戚と折り合いが悪く、二度と会いたくない」

といった理由で、配偶者が亡くなったあと、「故人の親族と縁を切りたい」という人もいるでしょう。

そういった場合、役所に「姻族関係終了届」を提出することで、姻族関係が消滅し、義理の家族の扶養義務もなくなります。

相手側の承諾は必要ありません。

届け出の期限はなく、届け出た日から姻族関係は終了します。

ちなみに姻族関係の終了を要求できるのは、死別した配偶者のみです。

子供はそのかぎりではありません。

 

 

 

 

お別れルーム旅立ちでは、ご葬儀の事前相談、ご依頼、お見積りをいつでも承っております。

お気軽にお問い合わせください。

旅立ちスタッフ 島袋