メニュー

出張相談・お見積り・見学ご希望の方は
最寄り駅・バス停等まで
無料送迎いたします。

ブログ

死亡した人が住宅ローンの契約者だった場合はどうなる?

無料で今すぐ相談する

葬儀・家族葬に関する疑問やお悩みは、お気軽にご相談ください。
ご相談・お問合わせ・お見積もりは無料です。
お別れルーム旅立ちまでお気軽にお問い合わせください。

契約者が亡くなってしまうと、残された家族は大きな負債を抱えることになります。

そんなときのための保険が「団体信用生命保険」です。

簡単にいえば「死亡したり、高度障害状態になった場合は、住宅ローンがチャラになるよ」という保険です。

住宅ローンを組むときは、ほとんどの場合、団信への加入が条件となっています。

支払い状況によっては数千万円単位の負債がなくなるので、死亡保険がわりとしても考えられるでしょう。

住宅ローンを支払い中の契約者が亡くなった場合、団信の加入を確認し、速やかに保険会社に連絡しましょう。

ここでも、死亡診断書や死亡した人の住民票が必要です。

ただし、夫50%、妻50%などのペアローンを組んでいて夫が亡くなった場合、団信が適用されるのは夫の分のローンのみです。

夫のローンはチャラになりますが、妻のローンは夫亡き後も支払い続けなければなりません。

 

お別れルーム旅立ちでは、家族葬、葬儀、直葬対応しております。

お気軽にお問い合わせください。

旅立ちスタッフ 島袋

 

無料で今すぐ相談する

葬儀・家族葬に関する疑問やお悩みは、お気軽にご相談ください。
ご相談・お問合わせ・お見積もりは無料です。
お別れルーム旅立ちまでお気軽にお問い合わせください。