メニュー

出張相談・お見積り・見学ご希望の方は
最寄り駅・バス停等まで
無料送迎いたします。

ブログ

宇宙葬のお話。

冬の雨ですが、予想以上に暖かい一日でした。

週末にはぐっと寒くなるそうですので皆さま、体調にはお気を付けください。

 

本日は「宇宙葬」についてお話したします。

今朝のNHKのニュースで取り上げられていたのをご存知でしょうか?

宇宙葬といいましても、本当に宇宙で葬儀をするわけではなく

人工衛星やバルーンに遺骨を乗せ、宇宙へ打ち上げる散骨の一つです。

今朝のニュースではアメリカで打ち上げられる人工衛星でした。

とても小さなカプセルに一人ずつ遺骨を入れ、150名ほどの方が

宇宙へと旅立っていきました。そのうち30名が日本人ということです。

人工衛星は軌道に乗ったあと、数か月かけてそれを回り

大気圏に突入して燃え尽きるのだとか。

アプリでいまどこを飛んでいるかを確認ができるため

燃え尽きる瞬間に運が良ければ大切な人の遺骨が

流れ星になる瞬間を見ることができるかもしれません。

 

散骨に至りましては、墓地埋葬法の「墓地以外に埋葬をしてはいけない」という法律ができた

時代には想定していなかったことで

法律はあるのですが「葬送の一種」として節度をもって問題ないとされています。

ですので散骨といいましても、船で海洋に出るものが主流となっています。

 

今回の宇宙葬での散骨はアメリカですので

日本の法律は関係がありません。

費用も20万前後ですので、遺族の負担も少ないように感じます。

ただし、アメリカで打ち上げる場合

現地での打ち上げをみることは難しいのではないでしょうか?

中継でみることはできるそうですが、、、

 

遺骨をどうするか、というのは

たとえ故人様の意思があったとしても

やはり残された遺族の感情が大きく左右するのではないかと

このニュースを見た時に思いました。

 

お別れルーム旅立ちでは

ご葬儀やご供養の仕方などの

ご相談や事前見積もりなどいつでも承っております。

お気軽にお立ち寄りください。

 

旅立ちスタッフ 山岸