メニュー

出張相談・お見積り・見学ご希望の方は
最寄り駅・バス停等まで
無料送迎いたします。

ブログ

土葬から火葬

今現代、火葬をするのが当たり前になっていますが、江戸時代までは基本的に土葬でした。


火葬が日本全国で一般的になったのは戦後の事です。


土を掘って埋めるだけの土葬に対して、火葬は大変な燃料と時間が必要な高価な埋葬法だったので、身分の高い人かお金持ちしかできなかったのです。


明治から昭和時代にかけて、土葬する土地がなくなってきた事と衛生上の問題から、火葬場が作られるようになりました。

 

 

 

お別れルーム旅立ちでは、ご葬儀の事前相談、ルーム見学も承っております。

お気軽にお問い合わせください。

 

旅立ちスタッフ 島袋