メニュー

出張相談・お見積り・見学ご希望の方は
最寄り駅・バス停等まで
無料送迎いたします。

ブログ

四十九日の旅

仏教では、宗派によりますがあの世とこの世の間を「中陰」と呼びます。故人は逝去されてから中陰を経てあの世へ行くちいう教えがあります。

故人は此岸と彼岸をわける「三途の川」を渡り霊鷲山(りょうじゃせん)を登っていきます。

四十九日後にたどり着く浄土はいくつかあって、仏様によって名前も違います。

阿弥陀如来の「極楽浄土」薬師如来の「東方浄瑠璃」など。

 

中陰では、七日ごとに仏様に会い俗世のしがらみなどを落としていきます。

 

言い伝えでは、この時に会う仏様から裁判を受けるため遺族は、初七日・二七日・三七日・四七日・五七日・六七日・七七日の節目ごとにお線香をあげて故人の供養をします。

 

四十九日の旅は、あの世で仏様に会う重要な工程とされています。

 

お別れルーム旅立ちでは、ご葬儀の事前相談を無料で毎日開催しております。

お気軽にご連絡ください。

 

お別れルーム旅立ち 中村