メニュー

出張相談・お見積り・見学ご希望の方は
最寄り駅・バス停等まで
無料送迎いたします。

ブログ

写真のお話。

台風24号の影響で、静岡の知人のお家周辺は

今朝まで停電をしていたそうです。

やっと復旧したそうですが、また日本列島に新たな台風が。。。

ちょっとでもそれますようにと念を送っている次第です。

 

今日は「写真」のお話をしたいと思います。

以前のブログで「遺影」のお話をしたかと思いますが

今回はそれも含めて、終活に向けての整理のお話になります。

なぜ終活と写真、いったいどんな関係があるのかといいますと

家族が処分に困る遺品第1位が家族写真と言われているからです。

近頃はカメラはデジタルになりスマートフォンの普及も相まって

殆どの写真はデータとなっているかと思うのですが

50代ぐらい方でしたら、みなフィルムカメラで写真をとって、プリントアウトしたものばかりではないでしょうか。

その写真一枚一枚に、家族の歴史や思い出がいっぱい詰まっているかと思います。

データとは違い、紙の写真はかさばりますし、メーカーによっては100年美しい写真ですと謳ってはいるものの

それはあくまでも保存条件が良かった場合。おまけに古すぎて写真に写っている人達が親族かどうかも

分からない。。。なんてことが多々あります。

そういった場合はやはり処分を考えてるのですが、やっぱりしのびない。。。という場合は

お寺や神社などで供養をしてもらう、という方法があります。

またデジタルデータに変えてしまう、きちんと整理してフォトブックにする、といったように

捨てずにとっておく方法も色々とございます。

 

最後のお別れの際、お花と一緒に写真をお柩に入れられる方も見えます。

飼っていたペットの写真、先に亡くなったお身内の写真、等々

捨てるのもしのびないし、せっかくならお浄土へ持っていっていただこうと

思われるのでしょうが、ひとつ大切なお約束事がございます。

写真に「生きている方」が映っているものは入れてはいけないと言われております。

やはり一人で旅立つのはさみしいものですから、一緒にお身体がこの世から亡くなる時に

燃えてしまった写真の「生きている方」を呼んでしまう、と言い伝えがございます。

ですので、もし思い出のお写真をお柩へ納める際は、十分にお気を付けください。

 

お別れルーム 旅立ちでは

ご遺族が望まれるご葬儀の提供をさせていただいております。

分からない事や悩まれていることがございましたら

お気軽にお尋ねください。

いつでも、見学・事前相談を承っております。

旅立ちスタッフ 山岸