メニュー

出張相談・お見積り・見学ご希望の方は
最寄り駅・バス停等まで
無料送迎いたします。

ブログ

仏教とは

人間には避けて通れない苦しみがあります。
お釈迦様は、この世には8種類の苦しみがあることに気がつきました。
まずはじめに、「生」「老」「病」「死」(しょうろうびょうし)の四苦(しく)です。
誰でも生まれる時代や場所を選べないこと、年をとり若さが失われて気力体力などすべて衰退して自由が利かなくなること、様々な病気になり痛みや苦しみに悩まされること、死ぬことへの恐怖やその先の不安があります。
さらに、4つの苦しみがあります。
愛別離苦(あいべつりく):愛する人と別れる苦しみ
怨憎会苦(おんぞうえく):憎しみを感じる人と会う苦しみ
求不得苦(ぐふとくく):欲しいものが手に入らない苦しみ
五蘊盛苦(ごうんじょうく):心身の欲望が満たされない苦しみ
はじめの四苦とあわせた8つを「四苦八苦(しくはっく)」と言います。
お釈迦様は‘‘そんな苦しみが多い世の中でも、幸せに生きることができる”と教えてくれたのが「仏教」です。
お釈迦様は‘‘そもそも生きることは苦しいことである”という結論を出し、‘‘なぜ苦しいのか”を考えたところ‘‘思い通りにしたいのに、思い通りにならないから苦しい”ということに気がつきました。
思い通りにしたいという心を「煩悩(ぼんのう)」と言い、苦しみの原因は煩悩であることがわかったのです。そして、煩悩をやっつけることで幸せに生きられると考えました。
仏教とは何かを漢字16文字で表したお経「七仏通戒偈(しちぶつつうかいげ)」の言葉をご紹介します。
諸悪莫作(しょあくまくさ):悪いことをしてはいけません
衆善奉行(しゅぜんぶぎょう):みんなのために良いことをしなさい
自浄其意(じじょうごい):そうすれば心は自然に清らかになります
是諸仏教(ぜしょぶっきょう):これが仏たちの教えです

仏教は私たちの生活に寄り添い、悩みを紐解くきっかけになることでしょう。

お別れルーム旅立ちでは「友の会」会員様を募集しております。
入会金5,000円(税別)、故人・法人・団体どなた様でも会員割引となります。
家族葬会員価格198,000円(税別)~ご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

 

旅立ちスタッフ  木田