メニュー

出張相談・お見積り・見学ご希望の方は
最寄り駅・バス停等まで
無料送迎いたします。

ブログ

人の話を”きく”

「聞く」「聴く」「訊く」の
違いと使い分けについてお話します。

 


「聞く」の本来の意味は
1、音・声を耳に受ける。耳に感じ取る。
2、話を情報として受け入れる。
3、人の意見・要求などを了承し、受け入れる。

「人の声や話、音などをきく時」
「意識せずに耳に入ってくる時」に使うのが正しい使い方です。

 

「聴く」の本来の意味は
1、心を落ち着け注意して耳に入れる。
2、自らきく気になって、念を入れて詳しくきく。
3、感覚を働かせて識別する。

「心を落ち着けて耳に入れてる時」
「心に響かせるようなものをきく時」に使うのが正しい使い方です。

 

「訊く」の本来の意味は
1、たずねる
2、問いただす
3、とがめたずねる

質問をする時に使うのが正しい使い方です。

 

言葉って面白いものですよね。

 

 

お別れルーム旅立ちでは、ルーム見学や事前相談も承っております。お気軽にお問い合わせください。

 

旅立ちスタッフ 島袋