メニュー

出張相談・お見積り・見学ご希望の方は
最寄り駅・バス停等まで
無料送迎いたします。

ブログ

エンディングノート

エンディングノートは、自分の死後に備え、家族に伝えたいことや伝えるべきことを書き記すノートのことです。

家族の思い出だったり、自分史を綴る人もいます。

 

では、こにのエンディングノートを書く意味とは?

自分の希望を伝え家族が決断しなければならないことを減らす。

例えば、延命治療、死んだあと臓器提供の意思があること、葬儀の内容などを伝える。

家族が決断をしなきゃならないときの重荷から解放され、故人の思いを実現できた、と感じることができます。

 

もう一つ、人生のエンディングを意識することで、余生を充実させることができる。

元気なうちに死を意識するのは縁起が悪いと抵抗を感じる人は少なくありません。

しかし、エンディングノートは、これまでの人生を振り返ることで残りの人生をどう過ごしていくかを考える役割もあります。

人生には必ず終わりが来るものです。終わりを意識することで今を大切に生きられるようにもなるはずです。

 

エンディングノートに書いておきたい項目は、

自分のことや家族のこと、資産のこと、負債のこと、保険のこと、葬儀やお墓について、友人や親族の連絡先、パソコンやスマホの写真などのデジタル情報、医療や介護など。

 

自分にとって重要な項目、家族にこれは知っていてほしいことから記入していき、付け加えたいことを順次更新していくといいでしょう。

 

注意しなければならないのが、遺言書ではないため、エンディングノートには法的な拘束力がないという点です。

法律に則って必ず実行してほしい遺産分けなどは遺言書に、エンディングノートには遺言書があるという事実を記載しておくといいでしょう。

 

また、家族にはエンディングノートがあることとその保管場所については事前に知らせておきましょう。

 

色々なエンディングノートが市販されています。一度気になる方は手に取って見てみるのもいいかもしれませんね。

 

お別れルーム旅立ちでは、ご葬儀の事前相談、ルーム見学をいつでも承っています。

お気軽にご相談下さいね。

 

お別れルーム旅立ち 中村