メニュー

出張相談・お見積り・見学ご希望の方は
最寄り駅・バス停等まで
無料送迎いたします。

ブログ

もうすぐ冬至

段々と日が落ちるのが早くなりました。

それというのも12月22日は一年の中で夜が最も長く、昼が短くなる冬至が近いせいですね。

冬至は「日短きこと至る(きわまる)」という意味があり、中国では一陽来復(いちようらいふく)とも言います。
この日を境に日照時間が長くなり、太陽の力が強まることから新しい年が来ることを意味し、悪いことが続いた後に幸運に向かうという意味も込められています。

 

冬至には、かぼちゃを食べて、ゆず湯に入ることが縁起が良いと言われています。

かぼちゃ(別名:なんきん)、れんこん、だいこんなど、「ん」のつく食べ物を食べることで「運盛」のゲン担ぎの意味があります。

なぜ、ゆず湯に入るかというと古来より強い香りのものには邪気が寄らないと言われており、運を呼び込む前に身を清めるのにゆずが最も適していたためです。

ゆずの木は病気に強く寿命が長いことから、無病息災を祈る風習になったともいわれています。

冬至にかぼちゃをたべ、ゆず湯に入ることは一年で一番日が短く寒い冬を越すため知恵だったと言えるでしょう。

私も早速ですが、かぼちゃとゆずの入浴剤でこの冬を乗り切りたいと思います。

 

旅立ちでは、毎日お楽しみ抽選会を開催しております。

皆様のご来館をお待ちしておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

 

旅立ちスタッフ 木田