メニュー

出張相談・お見積り・見学ご希望の方は
最寄り駅・バス停等まで
無料送迎いたします。

ブログ

お札の話。

朝から強い雨が降っていました。

午前中、知立のほうでは雷が鳴っていたそうです。

冬の雷というのは珍しいですよね。

 

本日は、「お札」のお話をいたします。

所謂、お金の話なのですが、よくお香典に入れるお金は不祝儀の場合は、新札ではいけないなどと聞くことがあります。

新札ですと、まるで不幸を予想していたような印象を与えるからだそうです。

なので手元に新札しかない場合は、一度折り目をつければいいとか、、、

 

この当たり前のマナーのようによく聞くお話なのですが

実はお香典、というのはそもそもお香をお渡しすることなのです。

それをお金で代わりに渡している、という代替えの事ですので

実際はお札が新しい・使用済みかはさほど関係はありません。

どっちがいいですか?となりますと使用済みのものの方が急な出来事であった、という感じが出ますので

そちらのほうがいいとされています。

以前、お香典の表書きをなぜ薄墨で書くのか?という話にもあったように

急いで準備したよということが大切なのですね。

お香典は慈しむお気持ちの一つでもあります。

マナーではないですが、一つ気を付けるといいかもしれません。

 

お別れルーム 旅立ちでは

ご葬儀のご相談や事前見積もりをいつでも

承っております

お近くのさいは是非、お立ち寄りください。

 

旅立ちスタッフ 山岸