メニュー

出張相談・お見積り・見学ご希望の方は
最寄り駅・バス停等まで
無料送迎いたします。

ブログ

お参りの作法

一つ一つの動作を丁寧にすると心が落ち着きます。

まず門の前で、帽子を被っている人は取ってから一礼。

真ん中は仏様の通り道なので、端に寄って門をくぐり、境内に入ります。

お参りする前に身を清めるため、手水舎があったら、流れている綺麗な水を柄杓で汲んで手にかけ、正式には口もすすぎます。

また、鐘楼があって鐘をついてもよいお寺なら、お参りの前につきましょう。

これは仏様への挨拶になります。

お参りの後で鐘をつくのは、縁起が悪いとされています。

最初にお参りするのは、本堂に祀られている本尊の仏様です。

本堂の前に立って一礼し、お参りする場所に進みます。

お賽銭を入れて合掌し、自分の願い事を伝えましょう。

最後に一礼します。

次に他のお堂や塔に祀られている仏様にもお参りしましょう。

御守りを買ったり、おみくじを引くのはその後になります。

 

 

 

お別れルーム旅立ちでは、葬儀の事前相談、ルーム見学も承っております。

お気軽にお問い合わせ下さい。

旅立ちスタッフ 島袋